●慰問犬  ●くらしの情報 ●かわら版 ●趣味 ●ボランティア  ●介護 ●子育て ●絵本リスト ●聴覚障害 ●手話

私たちの家族 介護体験記

私の介護実習
看護学校の講義
看護学校で講義
介護の実習 体位変換と患者の清拭演習
体位変換と清拭演習

がんばらない 介護生活体験記
64歳 女性 介護をして見て感じた事は、いかに介護をする側と介護をされる側の隔たりがあるかです。
自立をさせないで介護側でやりやすい様に気付かいし過ぎて寝たきりにしたり・・・・・
人間は足腰(股関節)を中心に動いているのですから・・・ね。起き上がる時にも・座る時にも・歩く時にも股関節が重要です。
それなのにおむつを付けたり寝かせたままにしたのでは機能回復には程遠いです。
65歳 女性 姑の介護をしています。
ある日、夫に日曜日の朝食時間を遅らしても好いですかと聞いて見るとにっこり笑って了解してくれました。おかげで、少しだけ朝寝坊が出来るようになしましたので、体も楽になり介護もがんばれましたのでそんな、夫の理解がたのもしく感じます。

63歳 女性 冬で一番つらいのは、就寝前のトイレ時間です。
母が用を足すのを待っている間の寒さでイライラしてしまい「早くしてよ?・・・」と声を翔ける事もしばしばありますが、そんな時は自分の気持ちを静めるために童謡を歌うことにしています。
すると母もつられて歌いだし互いに気が楽になるんですよ。
また真夜中は夜用のパンツをはかせて私も睡眠と明日のエネルギーを蓄えるようにしています。

56歳 女性 週に一度は、趣味の卓球をしに行きます。
夢中でボールを追いかけては汗を流して思い切り楽しみます、その後は友人とレストランや喫茶店でおしゃべりを楽しむのが心と体のリフレッシュ出来ますので介護もへこたれずに続くのです。

38歳 女性 介護の週休2日制をとっています。
この2日だけは意識して楽しむ自由な時間をつくります。その為には私以外の手と目が必要ですので家族や親族・施設・ペルパーと何でも頼りにしています。

55歳 男性 介護の付きっきりだと疲れがでるので、ブザーを介護ペットに下げておきます。
お茶が欲しいトイレに行きたいなどの用事があるときに押してもらうと便利で何度も行かずにすみゆっくりと出来ます。
38歳 女性 私は聴覚が悪いので、耳は聞こえませんが手話での会話でヘルパーをしています。
健常者と2人ですので何とか料理を作る作業もこなしていますよ、時々手話の講師もしていますが気持ちの持ち方で楽しくもなります。

55歳 男性 地域のでの介護者の集まりには、月1回は参加するようにしたいます。同じ仕事がら悩みを抱える気持ちが通じ合えることで気持ちがやすらぎ介護のヒントも得られて、助かっています。                                           
37歳 女性 研修の頃良くお茶を飲んだ友人がいます。同じ介護者として、時々悩みや不安の情報交換を空いている時間に電話やメールのやりとりで一瞬ですが介護から離れ新たな活力を貰い私の心強い味方です。
                                            
63歳 女性 私はヘルパーをしていますが訪問している先々では、介護をしている方になるべく気晴らしすることをすすめています。そうしたら、カラオケ教室に通い始めた方もいて、最近おばあちゃんへの接し方が優しくなったようです。
おばあちゃんも「嫁が変わって人生が明るくなった」と言ってます。
                                             
48歳 女性 二十年も介護職に携わっていますと今の介護は大変楽になりました。
パットもその一つですが昔は布のオムツを数枚重ねて尿漏れ対策をしてきましたが今では昼用と夜用を使い分けるだけでしっかりとカードが出来るようになっています。
                                             
29歳 女性 ヘルパーになって2年になります。
私がお手伝いしている介護者の方もほとんどがオムツパットを重ねて使っていますが以前はそれでも良く濡れを起すことがあったようです。そんな時私はオムツのギャザーが倒れないようにパットを重ねるように教えています。このような正しいあて方がわかるだけでも介護が少し楽になりますよ。
                                            
56歳 女性 介護されている方が高齢の場合は私たちヘルパーが作業している間も何かとお手伝いしてくれます。
気になって、じっとしていられないのですね。そんな時は「介護をする時は60%の力で」とアドバイスをするのですよ。他人に任せられるところは任せる。そうやってヘルパーや家族に手伝ってもらえばいいんですから。                                            


■PR■ パソコン教室・ホームページ制作のプロット・ファクトリー