●慰問犬  ●くらしの情報 ●かわら版 ●趣味 ●ボランティア  ●介護 ●子育て ●絵本リスト ●聴覚障害 ●手話

  介護者のストレスと〜あなたはどう付き合いますか?〜

高齢者介護と放棄問題
世話の放棄
日常の食事介護の放棄
身体の傷跡
外傷の暴力行為
精神的苦痛
高圧的な言葉や無視
経済的
無断処理
介護者の負担を軽くするにはまず民生委員に相談を・・・一人で抱え込まない事です

私たちは日常口々に「ストレスが溜っている」「イライラしてストレスだ・・」とかの言葉を多く使いますがストレスとは何でしょうか?
「心」の健康管理なくしてQOLは満たされません、介護をする人の心のケアも大切な課題です。
そこで生き抜きの介護をまとめて見ましたので少しでも読んで役立つことが出来たら幸です。
なやみを少なく楽しい在宅介護記
(11)私のいきぬき法は89歳の母を連れてラドンセンターに行く事です。母はぬるま湯のラジュームの方へ入りますが私は両方に入りますととてもリラックス出来ストレスやイライラが取れ快適です。
(10)私のいきぬき法は母と歌を唄う事です。
くたびれてストレスがたまる頃にキーパーソンの居ない留守時は実家に行き思いきり母と2人で大声を出しますと大正生まれの母は知識が豊富で色々な歌を唄い続けます歌は、呼吸法にも良いとの話しで楽しい時間を過ごせますのでこれが私の介護法
(9)良い子ぶりっ子を捨てた介護は医師の先生から「貴方いい嫁は捨てなさい」との言葉で肩から力が抜けて楽になりました。
少し頑張り過ぎた時は思い出すようにしています時には友達に電話して思っていることを聞いてもらうと気持ちがスッキリします。
(8)夕方になると、好きな懐メロのテープを寝たきりの夫と聴きます。すると少しの間は介護の事が頭から離れて落ち着けます。
夫は、そんな私を見て「オーイのんびり母ちゃん」と微笑みながら言います。
(7)寝たきりの姑を長年介護しています。
少しでも、互いの気持ちが明るくなるようにピンクのパジャマを着せて口紅とマニキュアを塗って上げています。また、ディサービスに出掛ける時は水玉模様の靴を履かせますと姑も嬉しそうにして迎えの車に乗り込み、その笑顔を見るたびに私も元気になれます。
(6)義理の母が寝たきりの生活になって9年目を迎えました。
現在は家に週3回訪問介護と訪問入浴の助けを借りて、主人と二人で力を合わせて介護しています。好きな旅行も当分お預けですが、暇を見つけてはグランドゴルフで気分回転をしています。
(5)父の介護をして30年目に入ります。
私も高齢により余り無理は出来ません。でも最近、父が孫娘からパソコンを教えてもらい囲碁や将棋のゲームをやりはじめました。今では2時間ぐらいは長く考える力がついてきましたのでその時間を利用して新聞を読んだり犬ともに手紙を書いたりしています。
(4)何でも自分一人でやらないと気がすまない性格の私で自分の親なんだからと常に気を張って介護をしていたら自分が倒れてしまいました。このままではいけないと思い親戚や近所の友人に私の立場を打ち明けて見たら廻りが助けてくれるようになりました。
(3)お年よりの体調にもよりますが、週に一度か十日に一度は車に乗って出かけます。
新聞などの情報以外に、映画やショッピング、図書館などに行き街の情報を中心に身を置いてストレスを解消しています。人や街のにぎやかさに触れることが気分転換にも活力になります。
(2)介護の合間に習字を習っています。
友達と月に2回ほど先生のお宅へ伺うのですが、手よりもおしやべりの方が優先です。習いはじめて二年ですが一向に習字の方は上達しませんが外にでて会話する方が何よりも楽しいので日頃のストレスも一気に吹き飛びます。
(1)手間をかけなくても毎年花を咲かせる球根や根草を庭に植えています。
寝たきりの夫の枕元やあちこちに、日替わりで飾って置くと私も心が和みます。夫も毎日楽しみにしていますので、優しい気持ちで介護できます。


■PR■ パソコン教室・ホームページ制作のプロット・ファクトリー