●慰問犬  ●くらしの情報 ●かわら版 ●趣味 ●ボランティア  ●介護 ●子育て ●絵本リスト ●聴覚障害 ●手話

 暮らしの豆知識

目薬の扱い
どんなことに気をつけたら良いか
●手を石鹸で洗う
●下瞼を軽く引き1〜2滴を確実に点眼します。
この時容器の先が瞼やまつげに触れないように注意。
点眼後は静かに瞼を閉じてまばたきをしないで焼く^5分間、目をつぶつていて下さい。
点眼後に軽く目頭を押さえるのも効果的です。
溢れた点眼液は清潔なガーゼやティッシュでふき取る。
子供 ●力ずくで押さえたり、嫌がる場合は無理をせず怖がらせないようにしましょう。
頭を固定すると点眼しやすいので仰向けに寝かせて両足で頭をはさんで固定し点眼する。
子供が泣いている場合は、涙で目薬が流れてしまいますので点眼は避けて下さい。
寝ている間に点眼するのも良い方法です。
県濁形 ●用時溶解型の点眼剤はよく振ってから点眼する。
目薬が2種類以上ある場合は5分間程度空けて点眼する。
目薬でも用途や量を必ず守る。
保存方法 ●冷暗所保存
直射日光を避けて涼しい場所に保存
目薬の注意事項 @容器に記載されている使用期限は開封前の期限です。
使用後は使用期限内であっても残った薬剤は捨てる。
A誤用を防ぎ品質を保持する為に他の容器に入れない。
B点眼剤が目にあわない場合は、点眼後に目がひどく腫れたり・痛んだり・赤くなる事があります。
その時は使用を中止し、医師や薬剤師に相談する。

視力が失なわれた時のウオーキング
●視力が失なわれた時は、家の中で歩く練習をして見ましょう
●つま先を上げてかかとから降ろす練習
●姿勢を正しく足踏みウオーキングをして体力を作りましょう

変形性膝関節症
中高年になりますと立ちあがりや階段の登り降りが苦痛になりウォーキングをした後に膝痛を感じることがしばしばありますが肥満体の方は、体を支えきれずに負担がかかりこれらの原因の多くは変形性関節症によるものです。
 変形性膝関節症は、関節の老化現象と体へのストレスや膝の形態変化が加わり完全には元には戻りません。関節軟骨は摩耗し一部欠損も生じ関節軟骨下骨組織が露出するようになり骨組織が肥大増殖します。
 症状は、局所の腫れ・痛み・可動痛(動かした時に痛む)・可動制限(関節の曲げ伸ばしの時痛む)立ち上がりの時痛み・動作開始時痛などがあります。
 治療としては、保存療法(1)局所の温熱療法・筋力強化や関節拘縮予防を目的にした運動療法(2)装具療法(足底板)(3)薬物療法(4)手術療法に分かれます。
いずれの治療も関節を元の状態に戻すのは不可能ですので悪化させないように日常生活での注意が必要です。
●減量により膝への負担を和らげる。
●膝を冷やさないようにする。
●膝に負担をかける姿勢をできるだけとらないように注意をする(正座は禁物)。
●人欲をして膝を良く暖めて筋肉の緊張をほぐす。
●体重があり変形の強い人や歩行が困難な人はプールが良いでしょう。

うつ病
うつ病とは、気分が落ち込んで何かをしょうと言う気分が無くなり廻りのことに興味がなく生活の中で充実感が得られなくなる病気です。つまり、ストレス対する一種の防衛本能で誰にでも起こりうる病気です。
診断ポイント
「気分が重く沈み込む」「何をしても楽しくない」2つの症状のどちらかが存在する。
身体的症状
頭痛・倦怠感・肩こり・発汗・息苦しさ・便秘・胃の痛み・下痢がうつ病に見られる身体症状です。
うつ病を引き起こす原因も複雑
心理的原因・環境的要因(家族関係・職場・学校等)性格的素因・身体的状態・年齢等が関係しています。
患者の深い悲しみ・無力感に共感してゆつくりと休養することをすすめましょう。
老眼のお話
老眼は誰もがなる目の老化です。
老眼は誰もがなる目の老化で、近い所が見えにくくなる症状で40歳前後から始まって60歳頃まで進行いたします。
老眼になると・・・
本や新聞を読む時に、今まで読んでいた距離よりも「離した方が良く見える」ようになったら老眼の始まりです。まだ見えるから大丈夫と老眼鏡をかけずに無理をしていると目の疲れ・肩こり・頭痛や顔の中心に汗をかく状態が現れます。
老眼になりやすい人となりにくい人がいるのか・・・
近視の人は老眼になりにくく遠視の人は老眼になるのが早いと言われていますがこの考えは正しくありません。老眼は個人差なく年齢どおりに進むものなのです。近視の人は元々近いところにピントが合っているので、その分だけ水晶体の調節を必要とせず老眼を自覚しにくいのです。
老眼鏡を使い始めると老眼の進行が早くなるの・・・
老眼は年齢どおりに進行するもので、老眼鏡を使用してもしなくてもその進行は同じですので「近くの物が見えにくくなったなぁ」と感じたら無理をせずに老眼鏡を使用する事が大切です。
遠近両用眼がねはオールマイティーかしら・・・
遠近両用メガネは一枚のレンズの上方に遠方用のレンズ下方には近方用のレンズが入っておりメガネを架け替えないで遠近が見えて便利です。しかし、その反面足元が見えにくいなどの短所もあり常用出来るようになるには練習が必要です。
パソコンなどのデスクワークを楽しむ場合は近視専用の老眼鏡が使いやすい場合もあります。
老眼は誰もが避けて通れないものですがメガネを使うことで不自由さも解決できますが状況に応じて正しいメガネを選ぶ事も大切です。

ショッピングをしながら軽い運動
エレベーター・エスカレーター 乗った時は両足を広げて膝を曲げて乗って居るだけで足の運動が出来ふくら脛や腰が強くなります。
信号 信号を渡る時は早歩きを心見て渡る事で転びお防止。
めまいの種類
めまい
●回転性(天井がくるくる回る感じ)
●浮動性(雲の上を歩いているようなフワフワ感)
●動揺性(お酒を飲んで酔った感のヨタヨタ感)
眼前暗黒感(立ちくらみで頭から血の気が引くような感)
私たちは「眼」や耳の中の「三半規管・耳石器」と手足の筋肉や関節などの「深部知覚器」という3つのアンテナでバランスを保つていますので、このバランスのどこかにトラブルが生じるとめまいが起こりますので気お付けましょう。
めまいを起す代表的な病気
●耳の病気(メニエール病・良性発作性頭位めまい症・突発性難聴)
●脳・脳血管系の病気(脳循環障害・脳腫瘍)
●全身の病気(高血圧・底血圧・高脂血症・不整脈・更年期障害)
●心身症・心因性の病気(自立神経失調症・うつ病)
めまいが起きたら如何するか?
●安全な場所で横になりじっと安静にして下さい。
何科で診察
●激しい頭痛・意識障害・手足のしびれ・口のもつれ・視力障害(救急外来か神経内科へ)
●難聴・耳鳴り・一定動作や片方の動作をした時のめまい(耳鼻咽喉科へ)
●高血圧・糖尿病・心疾患などの持病(かかりつけの医師へ)
●その他(耳鼻咽喉科や内科を受診し専門医を紹介してもらいましょう)

薬の豆知識
薬の服用 食後30分服用とは食べ物が胃の中に残っている為胃のあれを防ぐ
食前30分服用とは食べ物が胃の中に入る為胃のあれを防ぐ
食間服用とは朝食と昼食の間の服用
薬と合わない食べ物 グレープフルーツと血圧・睡眠薬等の薬は合わない
牛乳と抗生物質は合わない
薬の期限 製造から3年まで

要支援・要介護・軽度生活援助事業サービス
◆外出・散歩などの付き添い
◆食材・生活必需品などの買い物
◆調理や食事の用意
◆衣類などの洗濯や修繕
▲庭の除草や手入れ
▲家屋の軽徴な修繕
▲屋内の掃除や整理整頓
●その他在宅のひとり暮らし高齢者等の生活支援に資する軽易な日常生活上の援助

支援制度による障害者福祉サービス
身体障害・知的障害・障害児の有る方がホームヘルプサービスやショートステイなど居宅で受けるサービスを利用したい支援制度の申請手続や支援費制度の仕組みがわからないと一人で悩まず障害福祉課や地域のペルパーへまずご相談をして下さい。

支援費制度の対象となる居宅生活支援サービス
高齢者 身体障害者 知的障害者 障害児
ホームヘルプサービス
ホームヘルパーが家庭を訪問して掃除や洗濯、食事や外出のお手伝いを致します。
デイサービス
デイサービスに通って、創造的な活動や機能訓練・社会適応趣味的訓練などを受ける事が出来ます。
ショートスティ
家族が病気になった時に、短い間施設を利用できます。
グループホーム
知的障害をもつ人が世話人の助けを受けながら、アパートなどで共同生活をするものです。
いざの時は医療機関
医療機関 電話 医療機関 電話 医療機関 電話
小林医院 536−8888 野口医院 521−1112 石川医院 521−0089
高橋外科医院 521−7656 三輪医院 521−0773 松井医院 522−1680
三愛熊谷医院 526−0031 奥野医院 521−2187 鈴木胃腸医院 521−0702
吉田医院 521−1083 山本内科胃腸科医院 521−7371 森医院 523−4771
君島整形外科医院 527−0981 木原医院 529−7613 小澤整形外科医院 522−1253
大塚医院 532−3735 鈴木整形外科医院 523−6019 吹田脳外科医院 599−3655
西田医院 523−3345 木元整形脳神経外科医院 521−2201 秋浜医院 533−0150
坂本内科医院 532−6334 岡田医院 533−4666 北野医院 532−6145
森川整形外科医院 537−0336 しぶや医院 522−7022 今井医院 521−7257
佐川医院 524−3939 さいとう小児科医院 532−6891 長又医院 521−4565
原口外科医院 588−1394 松本医院 588−0037 妻沼耳鼻咽喉科医院 589−1567
鈴木医院 588−0112 萩原外科胃腸科医院 588−6311 掛川医院 588−1654

地域の小児科病院
新井こどもクリニック しぶや医院 森医院 佐川医院
池田内科眼科クリニック 清水内科 山本内科胃腸科医院 熊谷福島病院
石川医院 関根医院 大塚医院 小林医院
いのクリニック 高沢内科クリニック 北野医院 ベルこどもクリニック
今井医院 たがやクリニック さいとう小児科医院 熊谷母子健康センター
えのもとクリニック 長又医院 坂本内科医院
かくたクリニック ねごろクリニック 三尻小児科
熊谷生協病院 野口医院 秋浜医院
熊谷総合病院 平田クリニック 石丸病院
ケイ・アイクリニック 松井医院 熊谷内科小児科たかしの森クリニック


■PR■ パソコン教室・ホームページ制作のプロット・ファクトリー