Marcy House犬舎

 ●プロフィール ●地域の犬 ●登録確認  ●避難エリア ●動物病院
 ●犬の観察 ●サービス ●指導実績 ●災害募金 ●問合わせ窓口

埼玉県動物取扱責任者とは
平成18年6月より改正 「動物の愛護及び管理に関する法律」義務
年間2回以上または2頭以上の繁殖を行う個人飼い主でも、動物取扱業の登録が(有償・無償を問わず)必要です
動物取扱業登録の掲示
1・犬のネット販売やペットショプ・ペットシッター・訓練ドックトレーナー(年2回以上又は2頭以上の繁殖を行う個人ブリーダー)でも、管轄保健所の動物取扱法としての登録が必要とされています。改正後は罰則が強化されます。
2・動物取扱責任者標示の義務。
平成19年5月 埼玉県動物取扱責任者 第1回義務研修
対象者 平成18年9月末までに登録した「動物取扱責任者」 
●19年度動物取扱責任者研修終了証 第138号
@動物愛護行政について
A動物の愛護及び管理
●20年度動物取扱責任者研修終了証 第371号
対象者 登録した全ての「動物取扱責任者」
@「ペット業界に携わる者に求められるものは何か」
A動物の愛護管理法における動物取扱業者の厳守事項等)
●21年度動物取扱責任者研修終了証 第369号
●22年度動物取扱責任者研修終了証 第239号
@動物の感染症と感染症予防対策
A食と住の衛生管理
B動物取扱業の登録更新手続き等について
犬の地域登録と鑑札手続
飼い主の畜犬登録(市役所・役場)届出
 飼い主の責務
生後90日以上の犬の飼い主は、住居している環境部環境衛生課や保健所に届け出ることが「法律」で定められています
1・「動物愛護法」で犬の首に鑑札を付けて置く義務を守りましょう。
パグ犬とオスベリ
狂犬病予防注射は年1回
1・生後90日以上の犬には毎年1回必ず狂犬病の予防注射を受けさせる義務があります。
2・犬の飼い主は、住居している環境部環境衛生課や保健所に届け出ることが法律で定められています。
3・36年ぶりに日本に狂犬病が上陸してきましたのでお互いが気をつけて未然に防ぎましょう
犬の登録済シールは人目の付く所に貼って置きましょう
公的機関と犬との関わり
 平成7年より畜犬登録は生涯1回の登録
生後90日以上の犬の飼い主は、保健所又は市役所(生活環境部環境衛生課)への登録が義務ずけられています。 
取扱部課 市役所 生活環境部環境衛生課 (TEL 048−524−1111内線305)です。
犬が死亡した時・犬が所在地を変更したと時は、30日以内に公的機関に届け出をしなければならない。

狂犬(保健所届出)
狂犬に噛まれた場合は保健所に必ず届け出をしなければならない。
1・狂犬病は人にも感染する致死率の高い伝染病で噛まれたら大変です。

動物指導センター
犬が飼えなくなった時
1.なんらかの事情で犬が飼えなくなった時は、諦めず手を尽くして下さい。
2.解からない時は、県の動物指導センターに相談されるのも解決の方法です(TEL 048−536−2465)です。
3.犬仲間・知人・インターネットなどで責任を持って犬の里親を見つける努力をしなければなりません。

動物管理事務所
犬の処分を知っておこう
1・飼い主がしつけをしなかった為、手に負えない犬・飽きて犬を身勝手に捨てる人も跡を絶ちません。
2・野犬化を防ぐ為に各都道府県の動物管理事務所では、野犬等の収容で引き取られた犬は安楽死とはいえない刹処分か動物実験への払い下げといったむごい運命が待っているのです。

3・犬の一生を考えて犬を飼うべきです、不幸な犬を作らない為にも去勢・不妊手術を考えるのも良いでしょう。
4・避妊時期は9ヶ月を過ぎてからが適当(成長ホルモンを止める為)早期手術は色々な後遺症がでます。

不明犬(警察・保健所・JKC本部)届出
犬が行方不明になった場合
1・犬鑑札や迷子札がついていれば、収容された段階で飼い主の元に連絡がありますが放浪している間にそれが取れている事もありえます。
2・飼い主からの連絡がない場合、4日ほどで残念ながら殺処分されてしまいます。
3・室内犬であっても、連絡先をつけておいた方が安心、名義変更と同時にDNA・マイクロチップ登録をして置きましょう
4.犬が行方不明の時は警察か保健所にお届け下さい、幸いにして見つかる可能性が多いにあります
*保健所や警察とJKC本部に気がついた時点ですぐに連絡して起きましょう。

犬の里親(公的機関)募集
犬の里親になりたい時
保健所・動物管理事務所・動物愛護センター・などでは、定期的に資格審査をして里親募集を受け付けています。

犬の飼い方(公的機関)指導
犬の飼い方やしつけ教室
1・保健所や動物管理事務所などの公的機関では、飼い主のモラルの向上と犬の幸せの為に犬のしつけ教室や飼い方の講習会を開いていますので市報を見て参加しましょう、きちんとしつけるのも飼い主の責務です。
2.動物取扱業登録証を保持しているペットシッター・出張訓練士(ドックトレーナー・プロハンドラーを含む)相談や指導を気軽にしてくれます

地域の動物病院相談
犬の登録義務
犬鑑札の登録・狂犬病予防注射は生後3ヶ月以上の犬が対象ですので、地域の動物病院でも相談が受けられます。

犬の血統証明書は大切に(保管)
犬の購入時
@犬を譲り受けた時に血統証明書・確認の上大切に「血統証明書」は保管して下さい
Aワクチン注射証明等が渡されたら次回の接種の時に参考にして下さい

JKC血統証明書の名義変更手続
血統証明書の名義変更登録(JKC公認クラブ)届出
購入時の名義変更 「JKC犬籍簿管理」
犬の保持時点で名義変更の申請によって厳正に登録されておりますが、ペットシッター訪問の結果相談を受けると登録犬を譲り受けた所有者の説明不足により飼い主が変更届出をされていない方が多くみうけられます。この手続をされていない場合は、下記のような事故が多く発生し、後日問題を招く結果となりますので注意しましょう。
1・犬が逃亡や連れて行かれた時、警察や保健所に届けても繁殖者の名義登録では充分な対応がとれない。
2・血統証明書を紛失した時、飼い主名義でない為、再発行が不可能となる。
3・繁殖後、子犬(一胎子)登録において、犬籍簿上の所有者と不一致となり、子犬の血統証明書が発行出来ない。
4・犬の預かりや逃亡犬に関する問い合わせや相談報告に対して充分な対応がとれない。
5.迷い子犬を保護しても犬鑑札や迷子札が付いて無い為の相談では、警察・保健所・動物センターへの報告を支持出来ない。
*以上の問題を防止する為に、登録犬を譲り受けたり購入した場合は必ず犬に対する基本手続の申請をして下さい。 

不要血統証明書の回収(JKC本部登録課)届出
犬の抹消と血統書の返還 「JKC犬籍簿管理」
登録犬の死亡・事故等での不要血統証明書については、登録を抹消する為に直接本部へ返却して下さい。
1・返却方法は、「不要血統証明書」と明記して犬籍1部を登録課に直接お送り下さい。
2・返却された血統証明書は「生後5年以内のものについて1枚に付き500円(郵送実費を差し引き)を本部より返却されます。
3・犬の思いでとして血統証明書を保管したい場合は、抹消処理後裏面に「年 月 日 死亡」「年 月 日 受付」「死亡」と記載されて血統証明書が本部より戻ります。
血統証明書
1・血統証明書を再発行により不正に取得し悪用した場合は、その該当者に対して厳しい処分がありますので慎重に対処いたしましょう。

愛犬飼育管理士の講習会と試験(JKC本部愛犬飼育管理士登録課)届出
「動物の愛護及び管理に関する法律」
繁殖をして子犬の販売を行なう際や動物の保管・貸出し・訓練・展示を行なう場合はあらかじめ「動物取扱登録」が必要です。
JKC本部でも「愛犬管理士」の資格制度があり講習会や試験も会員でない方も参加する事が出来ますが資格を取得した場合は入会していただく必要があります。
1・試験合格者で資格登録を希望する場合は登録料金3,000円が別途必要となります。
2・お問い合わせはJKC本部へ


■PR■ パソコン教室・ホームページ制作のプロット・ファクトリー