プロフィール レポート ペット ブリード

[トップページ]
[みんなのひろば]
[リンク]
[相談・メール]

マーシーハウスの仲間・狂犬病予防法・ペット飼育法・犬の四季健康法・クラブ定款・動物愛護法・一胎子
各地のドッグショー情報・アジリティー・訓練競技・クラブ紹介・審査方法・9Gの審査対象外項目・あの町
ペット非難・犬を飼いたいが・基本学習・Q&A・愛犬物語・しつけがなぜ必要・予防注射と人間に移る病気・ペットロス体験記
初代パグ専門繁殖者

◆犬舎紹介 ◆フディー ◆チップ ◆アンズ ◆専門繁殖 ◆飼育法令 ◆動物条例 
◆狂犬病法
 ◆クラブ定款 ◆全犬頭数 ◆犬の健康
 ◆歴史 ◆マーシー

日本最初のパグ繁殖犬舎の流れ 「ハッピーナリタFCI」

1800年(puguの由来) 1867〜1868年イギリスでの「最初のブリーダーはウィロビー氏とモリソン氏が繁殖したパグ」が犬籍登録に記載された。
1833年イギリス イギリス Pug Club誕生 「パグスタンダード制定」
1960年(S35年) 他の犬種団体と共に「日本畜犬連盟」を結成し、国際畜犬連盟(FCI)の準会員になり国際的に第一歩を踏み出し本会のドックショーにも米・英の審査員を招待し我が国の犬種の向上と「審査技術の向上」を図る。
家庭犬(JKCの専門誌発行) 第3種郵便物認可
1963年(S38年) 当時犬のブームを広めた「東京畜犬」という輸入業者からイギリス犬舎のパグを成田氏が譲り受け大切に航空便で日本にパグが登場した。
イギリスよりパグ2頭の雄雌を輸入してパグ繁殖を行い「JKC最初のパグ所有者成田氏が繁殖犬を犬籍登録をした。
1964年   大阪 Pug Clubを成田氏設立 「日本最初のパグスタンダード制定」
1999年(H11年) フォンパグ専門繁殖でしたか黒パグとの出会いで1999年より黒パグ繁殖にも取り掛かり現在に至る。
フォンパグの基本を築き上げたブリーダー
1999’黒PUG BREED NARITA

(当初のドッグショーと共に45年間のPUG専門ブリーダーのあゆみ) パグ犬愛ちやんプリント
パグに魅せられて専門犬舎へ
●外産犬のパグ輸入と国際交流として「イギリス Pug Clud 加入」・「アメリカン Pug Clud 加入」と積極的に行い、海外のドッグショーの出陳にも「自家繁殖犬」を参加させて日本のPRにも貢献した。
JKCのパグスタンダードとしての最初の基盤は「ハッピーナリタFCI屋号繁殖犬」をJKCのスダンダード版として採用されて「本に記載」された。
●当初のドッグショーでは、パグ・ベギニーズ・ボストンテリアが一つの犬種でその中から代表犬を選び総合審査となりました。
その後、徐々にパグ出陳頭数も増えてパグ愛ちゃんプリントのジャンバーを作りパグ愛好者たちに子犬と一緒に配りパグのPRをしました。
ついに、パグ繁殖者達の増加によりパグ部会を設立その下に大阪パグ・九州パグ・東京パグと続いてパグクラブがJKCから認可されてきました。
●昭和48年動物愛護法の施行以来「保健所と犬とのかかわりの基盤体制」の確立への協力
パグのイメージ ドックショーの風景 繁殖販売業登録業者

パグとの拘わり
1964年 珍しい犬なので<パグをあまりにも可愛がり過ぎて「急性肝硬変」でパグを亡くしその間にペトロス病を体験・・・>
パグが忘れられずに半年後には又、新たにイギリスからパグ2頭目を購入してドッグショーの世界にハッピーナリタの名を限りなく歴史として残した。
「大阪東パグファミリークラブ設立代表」になりパグの愛好仲間を全国的に増やす
1967年 JKC創立20周年記念本部展・CACIB展覧会は世界最高のタイトルです。
イギリス Kennel Club 会員に日本人では成田氏だけが登録と成る。
1977年 ハッピーナリタ犬舎は、イギリスより「審査員を招待し単独パグ展」の開催で名を残している。
1978年 JKC創立30周年。
自家繁殖のパグでアメリカのショードッグとして活躍、日本で初の成田氏繁殖犬がアメリカでCHを完成後帰国したパグ犬は交配繁殖して国内の愛好家の元で活躍
1979年 日本でも大阪パグ・九州パグ・東京パグを纏めて「パグ部会を設立」
日本プロモーション 第3種郵便物認可(犬の専門誌発行)
日本プロモーション ニューズ誌で最初のパグ1位はナリタ犬舎が記載された、この雑誌は犬の全てが書かれハンドラーや繁殖者には人気の雑誌でした。
1983年  パグ部会報が加わってJKCでは4犬種部会会報の発行となった。
1984年 その後、全犬種のCH犬が日本の基準となり「スタンダード全犬種標準書」の改訂作業が行なわれる。
1987年
(S62年)
血統証明書等すべての書類がコンピューター処理により発行
各市町村も証明書がコンピューター処理に入る・・・
アジアチャンピオンシップショーの開催・高円宮殿下ご夫妻を迎えて行われた。
1988年 「JKC創立40周年史発行」。
パグは、第9グループ トイ の仲間入り。
この時生まれた犬も18歳まで家族以上の家族として犬を飼育してきました。
当初のパグ高齢犬を24歳まで介護をして、見送り偉大な経験を現在も続けています。
1991年 JKCでは「災害救助犬の育成事業」・ハンドリングとトリーミングの競技会大会の優勝者を海外研修派遣へ国際親善派遣する。
英国クラブケンネル犬籍登録そうごう承認
成田氏もオーナーハンドラーとして活躍していた・・・パグ愛好家たちはオオナーハンドラーが多い時代でした。
パグ人気もありパグクラブは4クラブに増え、関西代表成田氏・東京代表林氏・東京代表仙波氏・北九州代表田中氏となりこれだけでもパグ人気が伺えるでしょう。
1992年 アメリカンケンネルクラブ・カナディアンケネルクラブ等犬籍登録そうごう承認で国際化に弾みを持つ成田氏です。チャンピオンチャレンジサーティフィケート
JKCでは(CC)制度の採用で「4枚のCCカードを獲得した犬にCH登録資格」が与えられる制度となる。
岡山地方の有志と大阪の有志の交流で関東地方の交流開始が始まり今日も続いている。
1994年 パグ部会報を含めて13犬種の部会報の発行。
3頭目はアメリカより全米NO1の直子♀を入れ自家繁殖犬で海外でドックショー高成績や本に記載され功績を残す。
1995年 American Kennel Club (ナリタ自家繁殖犬をCH完成)
第1回JKCペティグリーアワード獲得。

全犬種標準書
の基本パグとなり、モデルにしたアイちゃんプリントジャンバーを制作してた。
愛犬の友の広告記載
1997年 第2回JKCペティグリーアワード獲得。
全犬種標準書の作成JKC販売
ハンドリング マニアル(公認ハンドラー教本)作成販売
1998年 血統証明書がA4版に改訂された。
ブリーダー「年1回義務研修会参加
1999年 JKC創立50周年記念
JKCパグブリーダー賞獲得。
ブリーダー「年1回義務研修会参加」
この年から「黒パグ繁殖」飼い主の要望に答えて始める。
2000年 プロモーションニユーズ No 222誌発行
ブリーダー「年1回義務研修会」参加
犬たちの為に環境の良い広い場所に移転して犬の運動場を作り犬にラジオをも聴かせ伸び伸びと犬が運動場で遊んでいる。
2001年 プロモーションニユーズ YEAR BOOK 2001誌発行
ブリーダー「年1回義務研修会」参加
JKC愛犬週間制定
若者に譲り「滋賀県パグファミリークラブ名誉会長」となる。
訓練基本 マニアル作成販売
2003年 CH犬及び種♂すべてのDNA登録制定
ブリーダー「年1回義務研修会」参加
2004年 (チャムのTVコマーシャル犬放映)
ブリーダー「年1回義務研修会」参加
パグ優良犬の制作・

JKC創立55周年記念FCI東京インターパグハンドラーで活躍。
2005年 ブリーダー「年1回義務研修会」参加
パグ・ファン誌 (Professional Breeders) 「今やパグは家族以上の家族です」を記載
アジアインター参加・オーナーハンドラーでウイナーズを獲得
各地のドッグショーにも参加
2006年 ブリーダー「年1回義務研修会」参加
主催 動物愛護センター 日・場所 2/21 兵庫県職員会館にて
各地のドッグショー参加
2007年 ブリーダー販売登録「年1回動物責任者義務研修会」終了
2008年 全国ブリーダー訪問記に三人目としてパグがペディグリーマガジンに載りました。
ブリーダー販売登録「年1回動物責任者義務研修会」終了
2009年 ブリーダー販売登録「年1回動物責任者義務研修会」は3/3に終了しました。

繁殖登録45年の歴史
動物の愛護及び管理に関する法律(2006’動物愛護管理法)が改正されました
特定動物の飼育をする場合 ブリーダー(繁殖者)は都道府県知事の許可と年1回の研修が必要です
兵庫県県
繁殖・販売登録許可済み
犬を飼う敷地(運動場雄・雌別の遊び場有り)やゲージ数と運動場の広さが重視されます
税務申告済み パグブリーダー申請
ブリーダー(繁殖者)としての心得
動物取扱業の種類 ●販売業(離乳等を終えてから販売)
●貸出業(交配により♂犬を貸出)
項目 実施方法
(1)販売に供する動物の生育段階 犬を扱う者として、離乳類に属する動物については離乳等を終えて、成体が食べる餌と同様の餌を自力で食べる事が出来るようになった犬を販売する
(2)販売又は貸出をしようとする動物の状態 飼育環境の変化及び輸送に対して十分な耐性が備わった犬を販売又は貸出をする
(3)販売又は貸出をしようとする動物の健康状態の確認方法 2日間以上その状態(下痢・おう吐く・足の麻痺状態等の外形上明らかなものに限る)を目視によって観察し、健康上の問題があることが認められなかった犬を販売又は貸出す
(4)販売をしようとする動物の特性及び状態に関する情報を顧客へ提供及び確認の方法 販売契約に当たってはあらかじめ動物愛護法の@「イ〜ソ」に掲げる動物の特性及び状態に関する情報を顧客に対して文書を交付して説明する
(5)動物の治療・ワクチン接種等に係る証明書の交付方法 ●販売契約に当たって、飼養・保管をしている間に疾病等の治療やワクチンの接種等を行った動物について、獣医師が発行した疾病等の治療、ワクチンの接種等に係る証明書を顧客に交付する
●販売契約に当たって、動物の仕入先から受け取った疾病等の治療、ワクチンの接種等に係る証明書がある場合は、これを顧客に交付する
(6)貸出をしようとする動物の特性及び状態に関する情報の提供方法 貸出しの契約に当たってはあらかじめ、A「イ〜ヌ」に掲げる動物の特性及び状態に関する情報提供する
(7)4の販売に係る契約時の説明及び顧客による確認並びに6の貸出しに係る契約時の情報提供の実施状況に係る記録台帳の保管の方法 5年間保存
備考 年1回の研修修了書の保持

犬の運動場 紹介 
(運動場の中より写真のポーズ)レジカメ撮影
「運動場は♂・♀に分かれてあります」

季節事のアィデア管理
春の管理 6時  犬たちは広い運動場へ♂♀に別れて突進とトイレタイム。
犬部屋で、各ゲージの掃除や敷物交換とその他作業
8時  犬の朝食、犬のバスタオル洗濯 
犬のお手入れ、犬タオルの洗濯、訪問者の対応
夕方の運動と散歩を兼ねて近くを数回往復する、愛情管理をしていますので大人しい犬たちです
暑さに弱いパグ思いの管理
夏の管理 5時半に起床、6時前には犬たちは運動場へ、その間犬部屋の清掃とその他
9時には室内のハウスに犬たちを戻す事で暑さ対策
犬のお手入れ、犬タオルの洗濯、訪問者の対応
夕方の散歩と運動は欠かせません、愛情管理していますので数頭連れて行きます。
夏バテ対策
秋の管理 7時  犬たちは広い運動場へ♂♀に別れて突進。
8時  犬の朝食、お手入れ、夏バテチェツク 夕方の散歩と運動、愛情管理
犬のお手入れ、犬タオルの洗濯、訪問者の対応
夕方の散歩と運動は欠かせません、愛情管理していますので数頭連れて行きます。
寒さと栄養管理
冬の管理 8時  犬たちは広い運動場へ♂♀に別れて突進、時には来客サービス
10時  犬の朝食、お手入れ 夕方の散歩と運動、ときにはドックショーへ。
犬のお手入れ、犬タオルの洗濯、訪問者の対応
夕方の散歩と運動は欠かせません、愛情管理していますので数頭連れて行きます。

Breeding としては(基本的な犬の体力作りと繁殖には細心の注意
父親 INT/CH Food直子
母親CH Aozora 4頭 母親CH Raisin 1頭 母親CH Deary 2頭 母親CH Sora 1頭
チャチャマル君 ゆう君 ベンケイ君
ゆう君の成長
2005/4月9日生まれ
父親 INT/CH Food直子
母親INT/CH Alice 子犬3頭 (アンズ)EXL
Anzuの直子
パグファン記載のリキ君 メロン・チョコラ 離乳を終えた写真


■PR■ パソコン教室・ホームページ制作のプロット・ファクトリー